横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。

2024/06/22
■ 梅雨とあじさい

 気象台は、関東甲信地方の梅雨入りを発表しました。

続きを読む

ニッタ マガジン

ニッタ マガジン Vol.691 2024.06.24

保健と介護予防の一体で自立支援

 本年度から、「高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施」として、糖尿病・循環器疾患等の重症化予防やフレイル予防を図る事業が、地元南区を含む市内3区で、先行的に展開されます。
 フレイルとは、「年齢を重ねたり、病気になったりすることで、体力や気力、認知機能など、からだとこころの機能が低下し、将来介護が必要になる危険性が高くなっている状態」をいいます。

 令和4年の調査によると、介護が必要となった主な原因は「脳血管疾患」「関節疾患」「骨折・転倒」が上位でした。
 この事業により、高血圧症、糖尿病、虚血性心疾患の合併が多い「脳血管疾患」に対しては重症化予防の取組が、「関節疾患」「骨折・転倒」に対しては身体的フレイル予防の取組による効果が期待できます。
 そのために、脳血管疾患を含めた糖尿病・循環器疾患等の重症化予防や、身体的フレイル・身体的フレイルと関係の深い低栄養や口腔機能低下のリスクがある後期高齢者を支援するハイリスクアプローチと、前期高齢者も含めた幅広い啓発等を民間企業等と連携するポピュレーションアプローチが実施されます。
 ハイリスクアプローチの対象者は国民健康保険情報等から把握され、案内を発送し同意が得られた方に対して医療専門職による訪問支援や民間事業者との連携による通所型集団支援が行われます。
 ポピュレーションアプローチの対象者へは高齢者対象の地域の通いの場等でフレイル予防等の普及啓発や健康教育・健康相談が実施されます。また、通いの場等でのフレイルチェックシートによりフレイル状態であることが把握された場合にはハイリスクアプローチへつなぐことになります。

 仁田まさとしは、高齢者の自立した生活への支援に努めます。

☆ニュース & トピックス

令和5年度ニュース&トピックス
令和4年度ニュース&トピックス
令和3年度ニュース&トピックス
令和2年度ニュース&トピックス
平成31年度ニュース&トピックス
平成30年度ニュース&トピックス
平成29年度ニュース&トピックス
平成28年度ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス