横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。

2018/05/22
■ 国際平和推進条例を提案

 先の17日に続き横浜市会第2回定例会の本会議開かれ、上程された17件の議案について関連質疑が行われました。

続きを読む

ニッタ マガジン

ニッタ マガジン Vol.380 2018.05.21

京都の科学者精神

  ふしぎだと思うこと これが科学の芽です
  よく観察してたしかめ そしてよく考えること これが科学の茎です
  そうして最後になぞがとける これが科学の花です

 これは、京都で育ち京都帝国大学で学び、ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎氏の言葉です。

 この4月に、京都市青少年科学センター(以下センター)を視察する機会を得ました。
 入口には「科学者精神」との碑が立っており大変に興味を覚えました。ものの見方、考え方、扱い方などを科学的に捉えること、さらには、それを活用する心構えを「科学者精神」と称し、センターはその「科学者精神」を体得した将来の市民を育てることを目的として運営されています。その基本理念は昭和39年のセンター設置審議委員会の答申に見ることが出来ます。

 センターではとても示唆に富む取組が行われていました。市立小学校6年生と中学校1年生の全ての児童・生徒を対象に、授業の一環として学校のカリキュラムにはない専門的な理科の学習がセンターで行われています。120分の実験学習で、物理、化学、生物、地学の4領域について、センター独自に開発した教材・教具で学んでいます。グループごとの児童・生徒らの闊達な授業風景がとても印象的であり、京都の「科学者精神」と言う風土を形成する基盤となっていることを実感するものでした。

 ニッタ マガジン Vol.375で触れたように、本年度から横浜市では、中高生向け科学体験教室や中高生が学校外の場において小学生などを対象に科学の知識や技術の楽しさを伝える機会を提供する取組が始まります。

 仁田まさとしは、「科学するこころ」の醸成に取組みます。

☆ニュース & トピックス

平成30年度ニュース&トピックス
平成29年度ニュース&トピックス
平成28年度ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス