横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。
安心 プラチナ プラン 2015

アクション& コラム

2016/07/24
■ 夏まつりや縁日の季節は

学校も夏休みに入り、地域では夏まつりや縁日などが盛んになる季節を迎えました。

続きを読む

☆ニュース & トピックス

平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス

ニッタ マガジン Vol.286 2016.07.25

「クールシェア」のすすめ

 学校も夏季休業に入り、地域では夏まつりなどの行事も始まっています。関東地方の梅雨明けはこれからですが、いよいよ夏本番の気分ですね。

 そこで、気をつけたいのが熱中症です。この4月から救急搬送された人の数は、昨年より全国で約1割多いとのことです。
 熱中症は、温度や湿度の高いところで汗をかき、体の水分や塩分が失われ体温の調整がうまくできなくなるため、めまいや意識の異常など色々な障がいをおこす症状です。
 家の中でも室温や湿度が高くなると熱中症の症状になる場合があります。
 大切なのは、こまめに水分や塩分を補給することであり、帽子や日傘、涼しい服装も予防には重要なことです。
 また、扇風機やエアコンを有効に使い室温が28度を超えないように心がけることも必要かと思います。

 その様な中で、涼しさを分かち合う「クールシェア」の活動が広まってきています。
 例えば、暑い日の家庭での使用電力はその半分をエアコンが消費しているとのことですが、ひとり一台のエアコンの使用をやめ、家族がひとつの部屋で過ごしエアコンの使用台数を減らす取組。公共施設やショッピングセンターなどに出向き、みんなで涼しさを分かち合うとか、涼しい自然の中で時間を過ごす取組も推奨されています。

 7月1日から9月30日まで、横浜市を含む九都県市では、地球温暖化対策や節電につながるこの「クールシェア」に取り組んでいます。

 仁田まさとしは、「クールシェア」を推進します。