横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。

2019/08/15
■ 令和初の終戦記念日

 第74回目となる終戦記念日に、公明党神奈川県本部は上大岡駅前にて街頭演説会を開催しました。

続きを読む

ニッタ マガジン

ニッタ マガジン Vol.441 2019.08.12

震災から復旧への取組み

 残暑お見舞い申し上げます。
 真夏日、猛暑日が続きます。どうぞ、ご自愛下さい。

 昨年の9月6日に発生した北海道胆振東部地震から11ヶ月を超え、このほど札幌市清田区の里塚地区における市街地復旧状況を視察調査しました。

 震度5強により、地下水位より下層の盛土で液状化が発生し、大規模な沈下と土砂の堆積となりました。
 早速、昨年10月に現地調査に入ったところ、里塚中央ポプラ公園は約2.2m沈下し、周辺の下水道マンホールが浮き上がっていました。家屋は全壊39戸、大規模半壊22戸、半壊23戸などの被害となり、45度近く傾く家屋がとても印象的でした。

 これまで、レーザー測量による地盤変化の把握やボーリング調査による地中の状態の確認、道路の空洞調査などの被害状況調査が行われ、被害拡大や二次被害抑制のための応急復旧対策、住民への地元説明会や専属チームによる聞き取りなどを経て、本年1月には里塚現地事務所が開設され、個別相談に応じて来たとのこと。
 地盤改良として、宅地部には「薬液注入工法」、道路部には「深層混合処理工法」、公園部には「砕石置換工法」が選定され、地下水へは暗渠排水管の設置による地下水対策が進められていました。
 これらの工事進捗状況周知のための広報紙も発行されていました。
 また、現地事務所では、住宅再建の手法や時期、復旧工事とのスケジュール調整など、宅地復旧支援事業の相談窓口としての対応が行われていました。被災者支援生活再建支援金などの被災者支援策の所管・問い合わせが多局に亘っていますが、一元的な窓口として機能していました。

 横浜市内にも、盛土により形成されている市街地が見られることからも、大変示唆に富む視察調査でした。

 仁田まさとしは、市街地での災害復旧対策に備えます。

☆ニュース & トピックス

平成30年度ニュース&トピックス
平成29年度ニュース&トピックス
平成28年度ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス